MENU

ニュース!! スマホ対応の金融機関が急増中!

誰もが手に持つスマホ。それを眺めながら「ここからキャッシングを申し込めたら楽なのに・・・」と思わずにはいられません。そんな人たちの声に応えるように、多くの金融機関がスマホ対応の整備を終えています。これには、現在でも増え続けるスマホユーザーをどれだけ顧客として取り込めるかという思惑が存在しているからです。

 

ただし、詳しく調べてみると現時点では全ての金融機関が対応しきれているとは言い難い状況でもあります。中には、スマホ対応は行っているけれど、○○の機種は対応不可というケースも見受けられます。スマホの申し込みは利用者にとって非常に便の良いもの。自分が所有しているスマホの機種の対応状況について調べおけば、急に必要になった時にも安心です。

 

大手であれば、「スマホOK!」なカードローン会社

スマホからキャッシングの申し込む手順は、ホームページなどを見れば容易に解ります。その上、「いつでもどこでもOK!」がスマホの魅力。

 

更に、同じ手軽さを持ち合わせるガラケーよりも画面が見易いのですから、どちらの利便性が優れているのかと比べれば、当然の如くスマホに軍配が上がります。

 

スマホ申込みに死角なし?

残念ながら、スマホが全能というわけではありません。相応のデメリットは存在しますので、予め留意しておきましょう。一番のポイントは、スマホ紛失の可能性が高いという点です。家に据え置きのパソコンではあり得なかった紛失が発生することにより、拾得者にデータを盗み見られたり、場合によってはデータを悪用されたりする危険性が発生します。もしもセキュリティロックが不十分であった場合には、web上でも被害にあう可能性が否定できません。このような紛失が、実際に様々なトラブルを発生させている事例も報告されています。その点は十分に肝に命じておき、対策を講じる必要があるでしょう。

 

専用アプリがあるからこそ、簡単です!

スマホでは専用アプリを用いる為に、とても使い勝手が良いと高評です。また、その後の対応でも契約書の送付が無くなり、周囲の人にキャッシングの事実を知られるリスクもかなり低減しています。そして、いつでもキャッシングが可能といった手軽さプラス、ネットバンキングで返済も速やかに出来るという安心感も見逃せません。

 

借り過ぎないようにする、セルフブレーキは必要です!

便利になったら、余計に気を引き締めたいのが「借り過ぎ」に陥ってしまわないこと。返済計画を無視したキャッシングだけは行わないように注意しましょう。利便性を追求しすぎて、弾みで窮地に陥ってしまうなんて言語道断。キャッシングは、あくまでも生活を便利にするための手段です。必要性を超えるキャッシングは、その後の生活に不便を発生させてしまうと心得て!「これ以上借りる必要はない」と心を戒める、セルフブレーキの活用を忘れないよう注意してください。注意を怠らなければ、スマホキャッシングは現代社会に欠かせないツールとなるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日