MENU

消費者金融に対するイメージとは?

キャッシングを申し込むとすぐに審査が始まります。時間にするとあっという間の作業になりますが、その間に勤務先への在籍確認の電話もあります。どのような類の融資であっても、返済能力の有無を確認するための一環として申告してある勤務先への在籍確認というのは必ず行う必要があります。

 

審査では、国の委託をうけて個人の信用情報を管理している機関へ照会されますが、その情報の中にも個人の属性情報として勤務先等も登録されています。融資の申し込みをする際に申告した内容は、様々な方法で確認する事ができますので、必ず正直に記入するようにしましょう。

 

在籍確認の電話

キャッシングの利用にあたり、勤務先への在籍確認をされてしまう事に抵抗を感じる人は少なくありません。周囲の人に借金をしている事をやたらに知られてしまう事は誰でも嫌な事かもしれません。ですから、在籍確認はどのように行われるのかどうかという事はとても気になる部分です。一般的な在籍確認の方法としてはやはり電話です。

 

銀行と消費者金融ではその対応に違いがある場合もありますが、銀行の在籍確認に関しては必ず電話で行う事になっています。銀行名も名乗ったうえで、申込者本人につないでもらいます。もちろんその際は、融資の審査の件であるというような具体的な事は言いません。消費者金融の場合にも、同じように電話が来ますが、銀行とは違って会社名を名乗る事はなく、電話をかけてきた担当者個人の名前を名乗ってくるので個人的な電話のように見えるような配慮がされています。

 

消費者金融を利用する事は悪い事?

大手消費者金融であれば、経営内容も悪質なわけではありませんが、かつての消費者金融に対する良くないイメージがまだ根強く残っているので、あまり利用している事を言いたくないという人もいる事でしょう。現状では消費者金融などの貸金業者を取り巻く法律の改正も行われて、場合によってはむしろ銀行よりもハードルが高くなっている部分もあるほどにその運営内容は改善されています。

 

日本人の10人に1人はキャッシングを利用しているとも言われる時代ですので、多くの人が必要としているのもまた事実です。中には消費者金融でお金を借りる事に後ろめたさを感じる人もいるかもしれません。ですが、多くの人が持っているクレジットカードはどうでしょうか。

 

何のためらいもなく利用するでしょうし、リボ払いという方法で支払いをする人もたくさんいます。また、クレジットカードにキャッシング枠をつけているのであれば、消費者金融と同様の条件でお金を借りているわけです。問題の多くは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用する側にあります。

 

キャッシングの利用方法はとても簡単で、一度カードを入手してしまえば限度額まではいつでもお金を引き出す事ができますので、場合によっては感覚が麻痺してしまって自分の預金口座から出金しているかのような気持ちになってしまう事もあり得ます。

 

そうすると、借り入れているという自覚が薄いままに借金を増やしてしまう事にもなりかねませんし、気がつけば返済分にも困ってしまってさらなる借り入れをしてしまう自転車操業状態になるかもしれません。無理な借り入れや返済計画をしっかりと立てずにお金のあるままに使ってしまうという生活を送ってしまえば、最終的には返済に困ってしまい、多重債務から債務整理などをしなければならなくなってしまいます。

 

キャッシングを多用する人の中にはそのような利用の仕方をする人もいるので、消費者金融に対するイメージも悪くなってしまっているという事もあります。そのように考えると、借金をするからには個人と企業との契約のもとに返済を約束しているわけですから、返済ができなくなってしまうのはお金を貸している業者が悪いのではなく、利用者の利用方法に問題があるのです。

 

大手消費者金融のほとんどは、大手銀行の傘下に入って営業をしています。場合によっては銀行と消費者金融がお互いのノウハウを提供し合いながら協力しているのです。銀行は誰もが信用する金融機関ですから、その点からもその健全性に対する安心感もあります。借金は無い方がいいですが、誰にでもその必要が生じる可能性はあります。

 

そんな時に、消費者金融を利用する事になったとしても、それに対する後ろめたさに関しては必要以上に感じる必要はないかもしれません。貸金業者の中には、法外な高金利で無理な貸し付けをするような業者もまだまだありますので、簡単にお金を貸してくれるからと言って安易に利用してしまう事のないように気をつけましょう。

 

キャッシングだけでなく、どのような融資でも誠実に返済するという事は基本です。そのためにも借り入れる時には常に返済しなければならないという事を心に銘記した上で利用するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日