MENU

逃げ回るのは時間の無駄です

借り入れ後、返済遅延、滞納を繰り返し、とうとう返済することができなくなってしまうと、通常は債務整理などの手続きを行うものです。しかし、中には、最後まで返済をせずに乗り切ろうとするケースもあるようです。しかし、本当に借金から逃げ切ることができるのでしょうか?

 

法律上、刑事事件における時効だけでなく、民事においても時効の制度があります。借金などの債務を返済期日が過ぎても長期間に渡って支払わずにいると、その債権が消滅して、借金を支払わなくてもよくなることを消滅時効と言います。

 

消費者金融で借り入れをしたお金は、商事債権と言われてしますが、この商事債権は5年経つと時効成立となるのです。では、5年耐えれば時効が成立して、借金が消えるのというと、そう簡単にはいかない仕組みになっているようです。このように、時効の中断を主張することで、時効が完成されることを防ぐことを時効の中断と言います。

 

では、時効が始まるのはいつからなのかご存知ですか?時効が始まるのは、最後の返済日の翌日から5年となっています。因みに、借り入れ先が個人の場合は、10年で時効となります。そして、時効を成立させるには、時効が中断していないこと、援用手続きを行うことという条件が満たされていることが必須となります。

 

時効が中断していないって何?

まず、キャッシング会社側から裁判所などを通して請求手続きを起こすと、時効を中断することができます。これは、内容証明書を郵便で送ることで、6か月間時効を中断させることができます。それから、返済をしない相手に対して、財産の差し押さえをすることでも時効が中断されます。この場合は、10年間時効を中断させることができます。

 

また、キャッシング会社から少しでもいいから返済して欲しいと言われて、返済することでも時効は中断されます。少額でも返済を開始したことになりますので、再度返済日の翌日から5年間の時効がスタートします。また、裁判所に支払い督促の申し立てなどを行うと、10年間時効が中断されます。

 

時効を完璧に成立させるためには、5年経っただけでは成立しません。借金をもう返せませんと正式に宣言する手続きを行わなければ成立しません。この宣言をする手続きのことを援用手続きをと言います。手続き方法は、内容証明郵便を債権者に送付するという方法を取ります。書き方が分からない場合は、弁護士を通して依頼するといいでしょう。もし、キャッシング会社側に、援用手続きを行っていないことを気づかれたら当然、キャッシング会社側は、請求手続きを起こして時効を中断するでしょう。

 

時効が成立しないばかりか...

時効を成立させようと、逃げようとすると勤務先に電話がかかってくるので、会社に居ずらくなって辞めざるを得なくなりますよね。そして、住んでいる所を特定されないように、ネットカフェなどを転々とする生活が続き、日雇いなどの仕事しかできなくなってしまうでしょう。そのような生活を5年間続けても、支払督促の申し立てなどの手続きを起こされたら、軽く10年時効が伸びてしまいます。どう頑張っても、時効を成立させるのは、難しいということです。

 

そのうえ、滞納などの情報は、信用情報機関に事故情報として10年は登録されますので、本当にお金を借りたいと思った時に、キャッシングを申し込めないという状況になってしまいます。キャッシングだけでなく、クレジットカードなどについても、申し込みができなくなってしまいます。

 

返済が難しくなってしまった人は、逃げずに債務整理をしてやり直す努力をした方が得策です。債務整理は、弁護士に相談して適切な方法を取るといいでしょう。弁護士を依頼する金銭的余裕がないから無理だと諦めずに、無料相談を行っているところや、債務者に対して弁護士費用などの建て替えを行っているところなどがありますので、早めに相談しましょう。

 

ただし、弁護士の中には悪質な営業を行って法外な手数料を請求してくるところもありますので、注意が必要です。他にも、低所得者を対象にした各都道府県で行われている無理しの公的貸付などを検討してみるのも一つの手段です。多重債務に陥らないためには、借金のための借金をしないことです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日